東京大学外科専門研修プログラム

東京大学外科

東京大学外科専門研修連携施設一覧

 外科専門研修医にとって最も大事な研修は、連携施設での外科専門研修です。

 大学病院での外科研修は、診断・治療の方針決定や周術期管理などの習得が中心となり、扱う疾患も高度な手術ばかりでhemo・hernia・appeといった外科医としての最初の修練に適した手術は稀にしかありません。そこで、東大外科専門研修プログラムでは、3年間のほとんどを症例豊富な地域の一般病院(連携施設)で研修します。 連携施設の殆どは各地域の中核病院であり、そこでの修練により、一般外科・消化器外科が扱う基本的な疾患の執刀医を相当数経験することができ、外科専門医を取得することが可能になります。

 東京大学外科(旧第一外科、旧第二外科、旧第三外科、旧胸部外科、小児外科)では、従来各科が個別に繋がりを持っていた関連施設の垣根を取り払い、専門医取得に向けた修練に適した施設を集め、連携施設として協力頂いています。あくまで専門医育成のための派遣ですので、従来の医局制度でありがちな「手術は全くないけど誰かが行かないと・・・」というような派遣は行っていません。

 平成29年度の研修からは、小児外科や心臓外科、呼吸器外科などの専門施設も加わりました。これは、不足しがちな領域の研修を補ったり、将来のサブスペシャリティ分野の研修へとスムーズに移行できるようにするための配慮です。最初からこれらの施設に派遣されるということはありません。

連携施設一覧(都内、順不同)

JR 東京総合病院、青梅市立総合病院、大森赤十字病院、公立昭和病院、社会保険中央総合病院、せんぽ東京高輪病院、東京共済病院、東京警察病院、東京労災病院、都立多摩総合医療センター、東都文京病院、関東中央病院、国立国際医療研究センター、同愛記念病院、NTT 東日本関東病院、河北総合病院、立川相互病院、三井記念病院、東京病院 、国立成育医療研究センター、JCHO東京新宿メディカルセンター、東京大学医科学研究所附属病院、都立墨東病院、東京逓信病院、国立がん研究センター中央病院、日本赤十字社医療センター

連携施設一覧(都外、順不同)

茨城県立中央病院、日立総合病院、関東労災病院、茅ヶ崎市立病院、静岡県立総合病院、藤枝市立総合病院、名戸ヶ谷病院、焼津市立総合病院、国保旭中央病院、キッコーマン総合病院、竹田綜合病院、共立蒲原総合病院、船橋二和病院、大船中央病院、東葛病院、埼玉県立小児医療センター、横浜労災病院 、名戸ヶ谷あびこ病院、筑波記念病院、埼玉県立がんセンター、関越病院、おおたかの森病院、国立国際医療研究センター国府台病院、群馬県立心臓血管センター、群馬県立小児医療センター、埼玉医科大学総合医療センター


Copyright 2008-2016 Dept of Surgery, Univ of Tokyo. All Rights Reserved